Home > 日常 > 大腸内視鏡検査の準備

大腸内視鏡検査の準備

  • 2010-08-30 (月) 13:14
  • 日常

朝7時起床。
起きてすぐ、この日のために買っておいた白がゆを食べる。キューピーのレトルト製品、一人前250gで83kcalとな。
8時前、汗を流すためにシャワーを浴びておく。髪からつま先、尻の穴まできれいに洗う。
9時、「大腸の中をきれいにするためのお薬」ことニフレックを飲み始める。
Niflec
右下がニフレックの入った袋。製造販売は味の素製薬。左の白いのはニフレックを溶かして入れるためのボトル、2リットル入り。

Niflec in bottle
ニフレックをボトルに入れたところ。粉末状の薬で、臭いは粉のポカリスエットのよう。ここにまず1/3ぐらい水道水を加えてボトルを振りまくり、溶液が無色透明になるまで完全に溶かす。その後、水道水をさらに加えて2リットルの溶液にする。

Niflec in bottle 2
2リットルのニフレック溶液が入ったボトル。ごらんの通り無色透明になる。満タンになってないけどこれで2リットル。注ぎやすいように取っ手がついていて、ちょっとしたトレーニング器具のようだ。

Niflec in glass
このニフレック溶液をコップに移して2時間かけて、コップ1杯を2~3口で、10分ごとにコップ1杯を飲むべし飲むべし。味は..はっきり言ってマズイ。臭いはポカリスエットだったが、化学調味料たっぷりの安物のだし汁のような味だ。それこそ味の素を水に溶かしたような味か? 味の素が手元にないんでわからないけど。

10:20、飲み始めて最初の便意、はじめから固形になっておらず泥状。程なく2回目、少し固形物が混ざった水様に。続けざまに3回目、4回目。お腹が緩くなっているのがよくわかる。ニフレック溶液を飲み続けているが、だんだん飲むのに慣れてきた。マズイのは変わりない。そうして..
empty
飲みきったゼ! この後も水、烏龍茶、紅茶のストレートは飲んでもいいらしい。

11:20、腹が減ってきた。昨日の夜はサラダうどんと枝豆風味の冷や奴、今朝は白がゆのみなので仕方あるまい。水を飲みつつ、説明を聞きに行ったときにもらっていた飴玉をなめる。ここまで、説明された通りの展開となっている。なんか悔しい。

11:40、検査を受ける予定の病院から様子伺いのための電話。今日は14:20からの予定だったが、早く始められそうとのことで繰り上げてもらうことになった。

12:00 とりあえず、わらってよりとも、ではなくて、笑っていいとも。相方の田舎から送ってきてくれたみかんが大量にあるが手をつけられない。くそう。

13:00、病院へ向かう準備をしよう。トイレットペーパーで拭きすぎて尻の穴が痛ぇ痛ぇ..。終わったらラーメン食ってやる。途中でGallop買っていかなくては。

Home > 日常 > 大腸内視鏡検査の準備

Search
Feeds

Return to page top