Home > 中央競馬 | Horse Race > 第28回フェブラリーS 結果

第28回フェブラリーS 結果

1着 トランセンド
2着 フリオーソ
3着 バーディバーディ

今週、この1鞍のみにかけた藤田JK騎乗のトランセンドが見事にJRAダートG1連勝を達成。先手を奪ってから終始つつかれ続けたが、直線に入ってからも馬体を併せさせず、最後は1馬身半差をつけた。

芝スタートのせいか行き脚がつかず、後方2番手から上がり3F最速の35秒7の末脚で追い込んだフリオーソが2着。先行できずにもうダメかと思ったが、この馬にこんな末脚を使わせるとは恐るべしミルコ。
引退により池江泰郎師最後のG1挑戦となったバーディバーディが中団から良く伸びてきて3着確保。この馬は東京大賞典の時と同じようにパドック周回の雰囲気が良かった。

本命にした◎オーロマイスターは+18kgが重かったか内枠が合わなかったか、いいところなく12着。対抗の○セイクリムズンはかかってしまい14着惨敗。まぁ2頭ともこんなスローペースになっては歯が立ちませんな。

勝ったトランセンド、次走はゴドルフィンマイル(AW1600m・G2)の予定だが、招待状が届けばドバイワールドC(AW2000m・G1)でブエナビスタ、ヴィクトワールピサらと対戦することになるらしい。芝、ダート、双方の日本のトップホース同士が海外の同じ舞台で走ることになるなんて、これは非常に楽しみだ。

Home > 中央競馬 | Horse Race > 第28回フェブラリーS 結果

Search
Feeds

Return to page top