Home > Archives > 2011-03

2011-03

第41回高松宮記念 結果

1着 キンシャサノキセキ
2着 サンカルロ
3着 アーバニティ

中京、阪神と場所を変えてキンシャサノキセキが高松宮記念連覇を達成、2000m時代も含めて連覇は初めてのこと。結果的には昨年のスプリンターズSの勢力図そのままに、上位馬が好走を見せた形となった。
今回は帯広遠征中で馬券は買っていなかったわけだが、買えていれば押さえの馬連は獲れてたかな。

今回のレースの鍵となったのはダッシャーゴーゴー。この馬の斜行による不利があったかどうかが大きなポイントとなってしまい、レースとして残念なところ。勝ったキンシャサノキセキと2着のサンカルロは折り合いの難しいタイプで、3コーナーでごちゃついたことで、かえって馬が落ち着けたのだというのだから競馬は難しい。不利をモロに受けたのが1番人気ジョーカプチーノで、6ハロン戦で大きな不利を受けては惨敗も仕方ない。直線で良く追い上げた人気薄のアーバニティが、2002年の姉スティンガーと同じく3着。

翌日にキンシャサノキセキはの引退発表があり、短距離王者のまま種牡馬入りすることになった。個人的には、掴みどころのないヤンチャな子供のまま現役生活を全うしたような印象だ。外国産Fuji Kiseki産駒としていい仔を多く出し、サイアーラインを繋いでいってもらいたい。
短距離戦線は若い世代の台頭が少ないままであり、今後はどの辺が引っ張っていくことになるのだろうか。香港勢など海外との力差が開いていってしまいそうで心許なく感じる。強い4歳世代に期待したいところだけど..ダッシャーゴーゴー..。

朝調教@ばんえい記念の朝

朝6時からばんえい競馬の朝調教見学に参加させていただいた。
昨晩からの雪で今朝は出てきてる馬が少ないとのこと。確かにソリを曳いていた馬は6〜7頭ぐらいだったが、その中にカネサブラック、フクイズミという松井厩舎の精鋭が練習していた。もう1頭の鹿毛はホクショウダイヤだったかも。松井先生が直々に調教されていた。
今、雪は止んでお日さまも見え隠れしてきたので、馬場に出てくる馬が多くなってるかもしれない。
これからホテルで朝御飯食べて競馬場に向かう。

あいててよかった

羽田空港第一ターミナルにあるミセスエリザベスマフィンで朝食。
これからのJAL機で帯広へ飛びます。

第43回ばんえい記念 枠順

第43回 農林水産大臣賞典ばんえい記念の枠順が発表になった!
NARサイトの出馬表はこちら

1枠1番 ホクショウダイヤ 牡8 松井厩舎 1000kg 大口J
2枠2番 タケタカラニシキ 牡10 小北厩舎 1000kg 安部憲J
3枠3番 ヨコハマイサム 牡11 鈴木邦厩舎 1000kg 村上J
4枠4番 ニシキダイジン 牡10 槻舘厩舎 1000kg 藤野J
5枠5番 フクイズミ 牝10 松井厩舎 980kg 尾ヶ瀬J
6枠6番 ニシキユウ 牝8 槻舘厩舎 980kg 藤本J
7枠7番 ナリタボブサップ 牡9 大友厩舎 1000kg 鈴木恵J
7枠8番 トモエパワー 牡11 西弘美厩舎 1000kg 西謙J
8枠9番 カネサブラック 牡9 松井厩舎 1000kg 松田J
8枠10番 アローファイター 牡7 服部厩舎 1000kg 大河原J

これだと、他の有力馬の状況を見ながら進められる外枠に入ったカネサブラックが若干有利かな?

第41回高松宮記念 予想

第41回高松宮記念 出馬表はこちら

今年の高松宮記念は、中京競馬場の改装により阪神競馬場で施行されることが元々決まっていたところに、東北地震が発生というアクシデント。関東馬にとっては調整そのものが難しくなっていると思うが、なんとしてもいいレースを魅せて欲しいもの。

2011takamatsu

阪神開催ということもあり、血統データは過去10年のスプリンターズSを集計してみた。
母系で良いのは22号族、7号族、11号族あたりだがいずれも出走なし。
父系で馬券になる頭数はSS系が断然だが率にすると可もなく不可もなく、ミスプロ系やDeputy Minister系の方が率は良い。

予想の軸に置くのは関東馬◎サンカルロ。前走の阪急杯を勝ち、坂のある阪神コースに対応できることを見せていた。折り合いが難しいこの馬にとっては距離短縮によりペースが速くなることも歓迎材料とみる。
前走は出遅れながらも後方から差し切る競馬を見せた○ジョーカプチーノが対抗。この馬の本当の良さはハイペースで逃げてもスピードで押し切ってしまえるところ。普通にゲートを出れば誰もついて来られず、あっさり逃げ切りが決まるシーンもあり得る。直線の坂も2走前のラピスラズリSで対応できている。
昨年の覇者▲キンシャサノキセキが3番手。前走は中山の1200mで59kgを背負って勝ち馬と3/4馬身差の競馬、2kg斤量が軽くなる今回は差し脚がもっと伸びてもおかしくない。その勝ち馬である△ダッシャーゴーゴーもほとんど差はないと思うが外枠を引いた分の割り引き。最後に、上手く折り合えた時の△ショウナンアルバの差しにも期待したい。

◎8サンカルロ
○5ジョーカプチーノ
▲4キンシャサノキセキ
△13ダッシャーゴーゴー
△2ショウナンアルバ

週末はばんえい記念

ばんえい競馬の最高峰、年度の最後の大一番、「農林水産大臣賞典 ばんえい記念」がいよいよ今週末に迫ってきた。

昨年、初めてばんえい記念を現地生観戦したのだが、これがもう最高。ニシキダイジン、カネサブラック、ナリタボブサップの3頭が第二障害後の直線で横一線、最後の最後まで非常に際どい好レースだったのだ。おまけに良い配当の馬券も取れたし。

昨年に続き、今年も現地での観戦を予定している。前日に現地入りし、夕方のチャリティーオークションに参加、当日3/27(日)を迎える予定だ。そんな今年のばんえい記念、出走予定馬を見てみよう。

カネサブラック
安定感抜群のばんえい現役最強馬、ばんえい記念2年連続2着の雪辱を期する
ナリタボブサップ
昨年は第二障害を脅威の一腰でクリア、末脚の甘さも克服してきた
フクイズミ
末脚最強の牝馬、二障を何番手で超えられるか?
トモエパワー
一昨年までばんえい記念3連覇した名馬が復活なるか
ニシキダイジン
昨年の覇者、その後の高重量戦でのパワーは本物
ホクショウダイヤ
松井厩舎の第3の刺客、悲願の重賞制覇を目指して
アローファイター
2007年のダービー馬、年上相手にくらいつく
ニシキユウ
果敢に牝馬の挑戦、芦毛の牝馬は一人じゃない
タケタカラニシキ
昨年の馬体重は996kg、自分より重い荷物を曳ききった
ヨコハマイサム
これで4年連続の出走、昨年の6着を上回りたい

なんだか、ラジオNIKKEIの舩山さんあたりが中央のG1での馬場入場でしゃべりそうな紹介になってしまったが、ともかく楽しみなメンバーだ。カネサ、ボブ、ダイジン、フクのどれに予想の軸を置くかがポイントになるだろう。

また、このばんえい記念の日は、5Rに3歳牝馬、6Rに3歳牡馬、9Rに4歳、10Rに5歳の、それぞれ一線級の馬たちが出走を予定している。締めくくりの重賞開催日に相応しく、まさにオールスターキャストでのばんえい競馬となりそう。もう今から非常に楽しみだ。

地震の影響

今回の大震災で、東北地方太平洋側を中心に被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。

まずは、自分と相方(東京)、実家(東京)、相方の実家(宮崎)といったところには、特に大きな被害がなかったことを幸いに思う。

最初に大きな揺れを感じた昨日(3/11金)の15時前頃、近所のベローチェで買ったコーヒーを片手に、デスクのノートPCに向かって普通に仕事をしていた。ちょっとトイレに行きたいなー、などと思っていたところへ突然揺れ。揺れ始めると徐々に揺れが大きくなっていく。辺りの倒れそうなものを押さえながら、上を中心に周りを見渡す。落下したり倒れてきたりするものはなさそうだ。
揺れが収まる。1分ぐらいは続いただろうか。周りがざわついている。中には書類が散乱して大変なことになっている人も。オフィスは9Fにあるため大きな揺れになったのかもしれない。キャスターのついたホワイトボードやプリンタなどが少し移動していた。

もう1度揺れが来たらまずいのでこの隙にトイレへ行っておくことにする。オフィスの出入り口に向かうとなんか景色が違う。扉の向こう側の防火扉が勝手に閉じていたのだ。開けて外に出てトイレで小用を足す。15分くらいした頃か、再度の大きな揺れ。座っていた椅子ごと体を揺さぶられる。また、1分ぐらいは続いただろうか。

会社より、新宿御苑へ避難するよう指示が出た。リアルで避難するのは初めてのこと。9Fのオフィスから非常階段経由で外へ出ると、同じように新宿御苑へ向かう人々の流れがあった。新宿御苑では奥にある広場へ行くよう誘導される。広場を囲むように植えられている桜にはたくさんのつぼみがついていた。上空には報道と思わしきヘリコプター、忌々しい。
同僚の携帯でワンセグを見ると、千葉沿岸の工場地帯で大規模な火災が発生していた。後からtwitterで知ったことだが、この火災は品川からでも確認できたようだ。

避難してから30分ぐらいたった頃、西の空から少しずつ暗くなり、しばらくして雨が降ってきたところで一旦会社へ戻るように指示、今度は9Fまで階段を登って上がる..。
席に戻って18時からベンダさんに来てもらう予定だった打ち合わせをキャンセルするためメール連絡。大事な打ち合わせだったが、来たくとも来られず仕方ない。地震情報を得ようとtenki.jpのサイトを見ようとしたが閲覧できず。何らかで東京は震度5弱、東北には震度7の地方があったことを知る..。

今度は会社から1F大部屋に集まるか、帰宅するよう指示があり、歩いて帰ることを選択。歩道も車道もすごい混雑。この道、こんなに人が歩くことないんだろうな..などと思いながら2時間程度 歩を進めた。家と会社が近くてこれ程ありがたかったことはない。
帰宅して、実家へ電話や友人へメールやtwitterなどで連絡をしてみる。再度外へ出て何か所かスーパーへ言ってみたけど、やはりどこも開いていなかった。

今回の地震は国内観測史上最大のマグニテュード8.8。おかげで中央競馬、帯広のばんえい競馬、地方の高知競馬が開催中止。佐賀競馬だけはたくましく開催している。
今回の主な被災地となった地方のうち、福島県相馬、岩手県盛岡、茨城県美浦などは馬にも強い縁があるところであり、人馬ともに無事なことを願ってやみません。

Home > Archives > 2011-03

Search
Feeds

Return to page top