Home > 中央競馬 | Horse Race | イベント > 小島茂師とタナパクJ

小島茂師とタナパクJ

1/23(月)に新宿ロフトプラスワンで行われた「第1回競馬場とファンの交流会」に行ってきた。

競馬に興味がある人達や
競馬が大好きなファンの人達
そして関係者である私達が集まって
堅苦しくない感じで
競馬について話ができる場
(小島茂之厩舎の本音(公式ブログ) 1/13の投稿より)

ということで、JRA美浦所属の調教師である小島茂之先生と、8か月のフランス修行から帰国したばかりの田中博康騎手が、会場に集まった競馬ファンから様々な質問に答えるなどして、競馬についての話を、そして、東日本大震災への支援のための継続的なチャリティーオークションをしましょう、という企画だった。
司会進行は競馬ライターの平松さとしさん。
小島先生とタナパクJのコンビは2009年エリザベス女王杯クィーンスプマンテで制した、自分にとってもある意味お世話になったコンビだ。

どんな内容だったのか、については詳しく書けないが、出演者それぞれの人となりは伝わってきた。
タナパクこと田中博康騎手は、だいぶ緊張していた感じで、振られた話題に一生懸命答えることでいっぱいになっていたように感じたけど、それだけに非常に真面目な青年なんだろうと思った。
小島先生は、どんな話もわかりやすく解説しようという姿勢が見て取れた。平松さん曰く「何とかがつくほど真面目で全て話そうとするので、話題1つが長い」と言っていたように、話が長くなりそうなのを何とか誤解のないようまとめて話してくれているように感じた。
開演前に質問を書いた用紙を集められたのだが、自分の書いた質問もいくつか答えていただいた。
平松さんは、2人の話が途切れたところでフォローして場を繋ぐなど、上手く場を取り回していた。

後半にやったチャリティーオークションも結構な合計額となったようだ。
各処でチャリティーなんかは行われていても、時間が経っても継続することはなかなか難しいのだが、1回限りで終わってしまうことなく、今後も続いていければいいなと思う。

Home > 中央競馬 | Horse Race | イベント > 小島茂師とタナパクJ

Search
Feeds

Return to page top