Home > Horse Riding > 半巻きの延々繰り返し(騎乗2/25)

半巻きの延々繰り返し(騎乗2/25)

2/25(土)
自宅近辺は朝から大雨。これでは日の出も雨強いかなぁと思いながらも取り敢えず向かってみる。着いた頃はまだ雨が降っていたが、騎乗30分前辺りでは軽い雨になっていたので馬の準備をする事にした。騎乗時間にはすっかり雨が止んでいた。よかった!

1鞍目 エセレンシア
Cちゃん先生指導で常歩を開始。珍しく今日のエセレンシアは少しわたわたした感じだ。後肢を使わせようと腰の上に軽く長鞭の先を触れさせると、派手に後肢を振り上げてバッコンバッコンw しょーがないので軽速歩で動きを作っていくことにする。軽速歩の輪乗りで肩を動きやすくしているうちに、徐々に跳ねる余裕がなくなってきたらしい。
長蹄跡を使って半巻き、帰りの直線を長く取って斜め横歩。長蹄跡での半巻きなので何回でも繰り返せる。5往復、10往復、…何往復したことか、かなりキツイぞこれは。一旦、常歩にしてから、正しく駈歩発進。左手前でカーブがきつくなると速歩に落としそうになるので、ここはきっちりと推進する。
そして速歩に戻して、また速歩で半巻きを繰り返す。馬は反復性の強い動物なので、同じ事を繰り返せば徐々に運動を覚えていってくれるはず。同じ扶助を常に繰り返すのが難しいところだ。

2鞍目 ピクルス
今度はN子先生指導で各個乗り。2鞍目でも半巻きを繰り返して速歩。ただし今度はハーフパス。前肢を交叉させれば後肢も付いてくる、なので外方前肢が動く時に、進行方向へ座骨と客で扶助。速歩のもう一方のタイミングでは、肩をはたいて出やすくする。ただし、これで本当にいいのかは良くわからん。やはり往復十数回連続はキツイ。
その後、駈歩。10m巻乗りや、半巻きからの反対駈歩など。踏歩変換は左から右が大変だった。そもそも右の駈歩発進がやりにくいのだ。出た後の歩様は右のほうが良いのにな。

Home > Horse Riding > 半巻きの延々繰り返し(騎乗2/25)

Search
Feeds

Return to page top