Home > Horse Riding > 今年初障碍(騎乗3/17)

今年初障碍(騎乗3/17)

3/17(土)
自宅付近は大雨だったので馬場はどうかな~と危惧していたのだが、なんて事ない、ぬかるみもなく、割とフラットで、運動しやすそうないい馬場だった。

1鞍目 ソルティー
他に乗る人もなく、馬場状態も良いので、久々に障碍練習をさせてもらう事になった。
まずはフラットワーク、10分ほど常歩で肩内や前肢旋回などでほぐす。割と肩内がいい感じ。軽速歩で肩を前に出し、拳を揃えて座る。今度は速歩で肩内。そして駈歩発進し馬場を2周ほどで、2湾曲風に踏歩変換し両手前で駈歩させる。
障碍が待っているので、フラットワークもそこそこに鐙を詰める。今年最初の障碍練習だ。
今日の障碍は、両長蹄跡の内側に1つずつと、斜めの線に1つの垂直障碍。80cm程度のあまり高くないところからスタート。
全ての障碍を両方向から駈歩で何度かずつ通過させた後、障碍に向かう感じが少し気になったので、障碍の中央を跳ばせるように軽速歩で通過。その後、また駈歩でトライ。左手前はまぁ普通なのだが、右手前の駈歩が何だか非常に出しにくい。いつもは歩度を伸ばしやすい手前なんだけど..。外方の壁が弱かったかな。ちょっと手綱で振り回し気味に乗ってしまった事を反省。
終わったら全身汗びっしょりになっていたので、体中をタオルで拭きまくってやった。

2鞍目 エセレンシア
ONさんの乗るロッキーと2頭部班。直前で馬場に出ていたので、上がってきたところで鞍だけ取り替えてすぐ馬場に出す。相変わらず、ずんずん歩いていくところが楽しい。部班なのであまりピッチを伸ばしすぎず、一歩一歩を大きく動かすことを心がける。
速歩でリズム良く、走りすぎずに動けていい感じ。肩を前に出す軽速歩は、外方拳の中で少し譲ったり抑えたりを繰り返し、そこから拳を揃えてみると、これでも十分に顎を譲ってハミを受けてくる。馬場がフラットだったため、凹みに脚を取られて慌てることがなかったのは良かったようだ。
エセレンシアにしては珍しく、さっと一歩で駈歩の発進。輪乗りから輪乗りを替えの中央で踏歩変換するが、これは流石に難しい。特に右への変換はなかなか右へ曲がりたがらず妙に頑固になってしまう。左が外になるって扶助をもっと分かりやすくしてやるべきだったか。
ただ、駈歩自体はゆったりとリズム良く、一定ペースの良い駈歩を継続できたのは大きな収穫。ロッキーの駈歩発進に難儀していたので、前に立って駈歩で牽引してあげた。これなら、後続が駈歩練習をするときの誘導馬としても十分使えそうだ。

Home > Horse Riding > 今年初障碍(騎乗3/17)

Search
Feeds

Return to page top