Home > Horse Riding > 旋回多め(騎乗3/03)

旋回多め(騎乗3/03)

3/03(土)
中央競馬では弥生賞なので、もう春になった気分なのだ。

1鞍目 ピクルス
N子先生のマンツーマンレッスン。まぁ次に乗る人むけの下乗りだろうけど、あまり下乗り効果のない馬なので、がっつりと乗り倒そう。
蹄跡を常歩させてると程なく、内方を向かせて前肢旋回の指示、体の屈曲を増していこうと言う趣旨だな。ちょっと前を抑えられると途端に動きが重くなるピクルスなので、座骨による推進を相当強くして旋回する。右の曲がりが異様に悪い、右にも左にも曲がらず棒のようだ。
しばらく前肢旋回させた後に速歩発進。んーどうにもこうにも右肩の出が悪いんだね。一瞬停止させて、また常歩で前肢旋回。最初よりは少しだけ曲がるようになった。
また速歩で、小さな巻乗りと8の字乗り。外方座骨と脚を目一杯使って屈曲させる。駈歩にして、二湾曲で踏歩変換。続いて三湾曲で踏歩変換、この馬場の大きさだと4課目クラスの運動なんですケド…。
右が固いので、右の駈歩発進が大変で、なかなか良くするまでは持っていけなかった。

2鞍目 ソルティー
馬場と先生の都合で各個乗り。午前中にピクルスでやったようにやってみな、とアドバイスをもらい、実行する事にした。
というわけで、内方姿勢にして前肢旋回、左右で6-7回は繰り返したか。ピクルスよりも柔らかくほぐれて行きやすいのが良くわかる。
続いて中央線に入って後肢旋回。同じ旋回でも重心の位置と軸足が違い、外から内への扶助も違う。使い分けをしっかりしないとどっちつかずの半端な旋回になってしまうので要注意だ。

軽速歩の輪乗りで肩を出しやすくするような動かし方をした後、徐々に詰めて行き、速歩であおり革ごと持ち上げるようにして一層詰めた運動。この後、もう一度常歩にして前肢旋回と後肢旋回。動きを作っていくにつれ、回転時の脚の入りが良くなる。やっぱりソルティーは柔らかくしやすい。
詰めた駈歩発進して巻乗り、二湾曲で踏歩変換。左から右にするのがちょい苦手か。それでも横運動をみっちりやっといたおかげで、良い運動になった。

Home > Horse Riding > 旋回多め(騎乗3/03)

Search
Feeds

Return to page top