Home > Archives > 2013-04

2013-04

GW前半 (騎乗4/27-28)

4/27(土)
1鞍目 チェリーちゃん
常歩させた後、速歩発進して輪乗り。
左手前で開閉を3回。頭を右上に捻ってハミを嫌がる。最近はいろんな会員さんを乗せてて、時にハミをいじられ過ぎてるらしい。ならばより一層、拳を安定させておこう。
右肩から逃げる感じなので右の脚と騎座と拳で規制。右手前でも輪乗りの開閉3回。今度は内に入って来ないよう注意。
苦手の右駈歩はまずますの発進。内方姿勢をしっかり取れるといいんだけどな。

2鞍目 ダンスくん
馬場を広く使って一人乗り。後肢に肢巻をしっかり巻いて馬場へ。
常歩で真横へ運動。左へは割と真直を保っていられるが、右へは厳しい。
速歩で反対半巻きを繰り返し、続いて半巻きでハーフパス(風)。左はそこそこ、右は全然w 右前肢と左後肢の横の動きが弱いんだな。
駈歩でも半巻きで同様に。意外と、左へはやれば出来た。

4/28(日)
1鞍目 セサミ
いつも通り障碍鞍を装着。今日は20m四方程度の馬場なので、障碍を持ち出すこともないだろう。
常歩で反対半巻きなど繰り返してから速歩へ。左手前で右ハミを取らせるよう意識するも難儀する。右上を向いてしまいがちなのを矯正しようとしていたら、あらら、右に舌を越してしまった。右手前の方が少し前進気勢が弱まるので、少々扶助を強めに使う。
駈歩で輪乗りから輪乗りの手前を替えで、中央でバランスを使って手前変換。速歩が一歩入るのでもう少しだな。これは人の方の問題だろう。
横木が出てきたので、速歩で通過。1回目は跳んでしまったが、2回目からはきちんと通過した。褒めておこう。
その後、60cm位の高さにして軽く飛越。障碍に向かって直線2完歩しかないので、コーナーを曲がりながらのアプローチ。まぁこの高さなら楽にクリア。輪乗りの線上で飛越しているようなものなので、飛越後の手前をばっちり合っていた。

2鞍目 チェリーちゃん
今日は部班。後ろからダンスくんが迫ってくるが気にしない気にしない。
前日乗ったときよりも前進気勢はあるけど、嫌がる感じも少し強め。前に出やすいことをいい事に、今日はハミ受けをしっかりやってもらおう。外の拳を一定の位置でキープ。内の拳は沿わせる程度、持って行きそうになったら軽く譲ってから戻してやり直し。
左手前のほうはそこそこいいハミ受けになった。右手前でも右ハミを取ろうとしがちなのは、何とか直していきたいもの。
駈歩発進、左はポイントで出すのに成功。右は..発進でバタバタしてしまうし、内に切れ込んで来ようとするね。ま、逆手前ばっかり出していた頃より断然いいんだけど。

人馬転倒! (騎乗4/21)

4/21(日) ララミー牧場の運動会に参加。
朝から生憎の雨模様、というかみぞれが降っている。今4月の中旬なんですけど..。

mizore

前泊した向かいにあるペンションで朝ご飯をいただいたらララミー牧場へ。
天気が悪くて馬場も悪く危険ということで、今日の運動会は覆い馬場だけを使って、障害飛越競技は取り止めとなった。
エントリーしてた障害がなくなっちゃったのは残念だ~。

出場した最初の競技は玉入れ駈歩班。
先々週の信玄公祭りに続いて、今日もホクトに騎乗。なんかここのところ妙に縁があるねぇ。
駈歩班だけど、覆い馬場は下がウッドチップで軽く滑りやすいので、往復だけ駈歩OKで旋回時は速歩で、ということになった。

ゴルフボールを1つ持ってスタート。さあ頑張るぞホクト。駈歩で行って、バケツの手前で左へ馬体を曲げたその時! ホクトが転倒した!!
何が起きたか分からない。左脚の上に乗っているホクトの体。一瞬「ヤバイ!!」と思ったが、別に痛くも何ともない。
目の前にあるホクトの背中を叩いて起き上がるよう促して立たせる。鐙を使って再騎乗してホクトを歩かせてみると、特にどこもおかしくなさそう。そのまま競技を続けてしまった。
もう勝ち負けには関われないので、駈歩をゆっくりと楽しんで乗ることにした。
正直言うと、跨ってスタートした瞬間に滑りやすい馬場のことは忘れていた。今考えると、悪いことしたなあ。

もう1つ、ジムカーナにも出場したけど、ジョイスちゃんをどうしても駈歩にさせてしまって、速歩に抑えようとしているうちにコースを終えてしまった。

例年より相当早く、午前中には競技が終了。
馬繋場にホクトが繋がれてこっちを見ていた。怖い思いさせちゃったね、ゴメンね。
あんまりかわいいからホクちゃんの鼻先を齧ってやった。

hokuto

横木通過だよ (騎乗4/20)

4/20(土) シベール
今日はこれから小淵沢のララミー牧場へ行くので、午前中の一鞍だけ。
先週に比べて常歩の歩様が良くすいすい歩く。半巻きしつつ、両手前で歩かせてから軽速歩。
動かしていると頭を右上に上げるので、そういう時には左ハミをくすぐってやって元に戻す。どっちもどっちだけど、右の方がハミを取りにくい。

速歩と軽速歩でだんだんリズムが作られてきたところで、Cちゃん先生が横木を取り出した。まずは地上横木1本の通過から。
通過したり、軽く飛越したりと、若馬らしく安定しないが、今は逃げずに通過すればそれでよし。
横木をもう1本取り出して、2本の横木の速歩通過時に、前後肢とも左右どちらか片方だけが着地する幅にした。
(通過時に左前肢と右後肢が1回ずつ、または、右前肢と左後肢が1回ずつ着地する。)
軽速歩で通過してみようとすると、2本まとめて飛越しおったwww
軽速歩がいけなかったか、次は速歩で向かわせると、今度はぱたぱたしながらも一応は通過できたので繰り返す。
やはり初めての横木2本は難しかったかw

最後に、30~40cm程度の低い垂直障害を。
速歩で向かって飛越後に駈歩になったりしたものの、ここでもとにかく通過すればそれでよし。
この仔の駈歩は、あまり前肢が前に伸びず、馬体の下で小さくかいて走っている感じ。
もっと大きなストライドにできるといいね。

スパルタ教育 (騎乗4/13)

4/13(土)
1鞍目 ダンスくん
いつものように長鞭と拍車をつけて騎乗。どんどん常歩で歩かせる。肩も股も稼動域が少なく小さな動きになっているのでそれを解消すべく、常歩のまま真横に動かすように誘導。
「最近、そいつナメくさってるから」とのことでガッツリと。外の脚を引き気味にして押して行くが、なかなかついてこない。ハミは強めに規制しているけど、嫌って頭を上げたりするので抑えるのが結構つらい。これは腕筋肉痛コースだなw
歩いたままの前肢旋回を3セットの後、速歩発進。出にくい右肩を前へ前へ出す。右肩が出るタイミングで手の中で拳を譲ってやるイメージ。隅角で内に寄って行こうとするのは脚と騎座で抑える。
一旦常歩にして前肢旋回を2セットやってから駈歩発進。発進はスムーズだけど、右に倒れてこようとする。しっかり隅角通らせ、ショートカットはゆるさない。
動くようになった所でキャバレッティ。2つ積んだキャバレッティを通過させる。気合いそのもの。踏み切りが合わなかったりするけど、歩幅が伸び、きちんと駈歩通過するのでいい事にする。
長鞭をばちばちやられてたので、ダンスくんは厳しさに面食らってたかもなw

2鞍目 シベール(初騎乗)
ソルティーの調子があんまり良くなさそうなのでシベールに変更。
跨ってみると、思ったより細い! そして足下が覚束ない。
常歩で歩かせてみると、まぁふらふらして頼りないこと。この辺は使っていくうちに脚元も強くなってきて、しっかりしていくのだろう。
しかし、道路側の偶角を通ろうとしたときに我が儘言い出して拒止して停止。
騎乗前、Cちゃん先生と「初見だし、ソフトに行きましょう」って行ってたのに、我が儘があんまりしつこいもんだから、シベールはがっつりと運動させることになった。

速歩にして、こちらもダンスくんと同様に右肩を出させるように、右肩が前に出るときに短鞭を使ってやる。姿勢がどうこうよりも、今は前に出やすくすることが重要。
速歩と軽速歩を使い分けながら馬場を延々と周回。そのうち、Cちゃん先生が横木を持ち出したので通過。これは臆することなく普通に通過。もう我が儘は言わなそうだ。基本速歩だけど駈歩になっちゃったら駈歩で、40cm程度のクロスバーまでこなした。

第73回皐月賞 予想

第73回皐月賞 出馬表はこちら

東京で行われた2011年を除く過去10年で血統面を見てみる。
飛び抜けて好成績の牝系はない中でネオユニヴァース、ヴィクトリー、アンライバルドと3頭が勝っている1号族が優勢か。8号族、16号族も遜色ない。メイショウサムソン、キャプテントゥーレが勝っている3号族は勝率、連対率とも上回るが今回は出走なし。
9号族と19号族は全く奮わず軽視。
父系は圧倒的出走数にモノを言わせて、SS系が連対馬の8割弱を占める。Kingmambo系はエイシンフラッシュが3着しただけで、ここまでは良い成績を残せていない。
今回出走馬がいる中ではLyphard系は消しの対象。春に波乱の原因となる父系であるイメージなのだがね。

◯良(1号族): レッドルーラー、タマモベストプレイ、サトノネプチューン、フェイムゲーム
◯良(8号族): ロゴタイプ
◯良(16号族): エピファネイア、テイエムイナズマ
×消し(9号族): メイケイペガスター、クリノヒマラヤオー、クラウンレガーロ
×消し(19号族): ラブリーデイ
◎買い(SS系): 8頭(メイケイ、インパラ、タマモ、ミヤジ、コパノ、カミノ、フェイム、テイエム)
×消し(Lyphard系): マズルファイヤー

2013satsuki

人気薄が逃げ切ってしまうこともあるが、基本的には直線の切れ味があるタイプでないと勝ち負けできていない皐月賞、それだけにSS系の切れ味が活きているのだろう。
そんな中で今回本命に推したいのがインパラトール。前走の若葉Sではレッドルーラーの切れ味に屈したが、この馬だっていい差し脚を見せている。内枠からデムーロ弟の馬群捌きに期待したい。
スプリングSで最速上がりをマークしたフェイムゲームが対抗。中山は2000mで2勝、1800mで2敗、2000mに伸びる今回の方が良いはず。
弥生賞で逃げてしまったが、サトノネプチューンは元々は差して勝ってきた馬。本来の控える競馬に戻して、アンライバルドと同じ1号族l分枝の巻き返しがあってもいい。
スプリングSを勝ってとても良いステップを踏んできた2歳王者のロゴタイプだが、8号族、Sadler’s Wells系ということで全幅の信頼までは置けず連下候補に。あとは若葉Sで最後方一気を決めたレッドルーラーと、前走より以前は最速上がりを決めてきているエピファネイアまで。
4号族、Kingmambo系と言うことで強調しづらいコディーノは見送る。

◎2インパラトール
◯16フェイムゲーム
▲9サトノネプチューン
△7ロゴタイプ
△3レッドルーラー
△14エピファネイア

3連単 計24点
(2,16) → (2,16,9,7) → (2,16,9,7,3,14)
馬連押さえ 計9点
(2,16) – (2,16,9,7,3,14)

第73回桜花賞 予想

第73回桜花賞 出馬表はこちら

16号族、9号族、4号族が複数の勝ち馬を出しているが、様々な牝系が馬券圏内に絡んでいる印象。1号族と14号族はちょっと厳しいか。
父系ではSS系が馬券圏内の6割以上を占めるが、勝率ではKingmambo系、連対率ではDeputy Minister系が上回る。

◎買い(9号族): アユサン、コレクターアイテム、メイショウマンボ
×割引: サマリーズ(1)、クラウンロゼ(5)、プリンセスジャック(1)、ナンシーシャイン(14)
◯良(Deputy Minister系): ストークアンドレイ、クロフネサプライズ
◯良(SS系): 12頭
×割引(Mr. Prospector系): ローブティサージュ、サウンドリアーナ

2013ouka

9号族SS系の外枠2頭のうち、◎17コレクターアイテムは阪神JF、クイーンCと1番人気を裏切ってきて人気が低下、実は阪神JFは4着でも大して離されてなく、マイルにこだわって使われてきている中、逆にここは狙い目だ。少々湿った芝でも何とかなりそうな◯18メイショウマンボを対抗に。この2頭は差し馬だし、外枠もあまり問題にならないだろう。
チューリップ賞で大敗したが、阪神JFを勝った▲6ローブティサージュも本命馬と同じく、逆に狙って面白い。父ウォーエンブレムなんていつ走るのかわからん種牡馬だし。
3着候補に、まず逃げ粘りをケアして△クロフネサプライズ。あと2頭も前目から競馬をするであろう△クラウンロゼと△ティズトレメンダス。

◎17コレクターアイテム
◯18メイショウマンボ
▲6ローブティサージュ
△13クロフネサプライズ
△3クラウンロゼ
△8ティズトレメンダス

3連単 計16点
(17,18) → (17,18,6) → (17,18,6,13,3,8)
馬連押さえ 計12点
(17,18,6) – (17,18,6,13,3,8)

やられたッ! (騎乗3/30)

3/30(土)
1鞍目 チェリーちゃん
今日は最初の常歩から大きないい歩様。20m四方の馬場で、速歩にして蹄跡行進や輪乗りで動きを作る。一旦常歩に落として、短蹄跡の一角で腰内。もちろん、最初から上手くいく訳もなく、まぁ少しは後肢が入ったかな?という程度の腰内だった。
駈歩は、苦手の右手前も、常歩から一歩できちんと発進。ただ、右手前を継続させるのが難しく、チェリーちゃんがキツくなってくると、無合図で勝手に手前を変えてしまう。ここはもちっと我慢して欲しいな。

2鞍目 セサミ
障碍練習。馬場内に60-70cm程度の障碍を4つ組んでもらい、どんな順番でも飛べるように。少し左に寄ってしまっても、横に逃げずに飛んでくれるのは偉い。今思い返すと、この辺りでだんだんと気合が乗ってきていたらしい。
長蹄跡上の1つの障碍だけを使って高さを上げていく。すると、セサミが障碍に向かって猛ダッシュ! 待て待て待てッ! 速すぎ速すぎッ!
どうしたんだセサミ、もしかしてはってる?
障碍に向かう直線を長く取ると突っ込んでしまうので、輪乗り風で障碍に向かい、3完歩で飛越するようにする。障害間はゆっくり動かして、障碍前だけ歩度伸ばすようなメリハリをつけた動かし方の練習することに切り替えた。
突っ込み気味なものの、100cmまで落とさずに飛越するし、跳んだ後には収まるし….落とさないしまだ余裕あるし、ま、いいか。
しかし、今日はやられた感が満々。乗ってて久々に焦ったさ;;

Home > Archives > 2013-04

Search
Feeds

Return to page top