Home > Archives > 2013-04-20

2013-04-20

スパルタ教育 (騎乗4/13)

4/13(土)
1鞍目 ダンスくん
いつものように長鞭と拍車をつけて騎乗。どんどん常歩で歩かせる。肩も股も稼動域が少なく小さな動きになっているのでそれを解消すべく、常歩のまま真横に動かすように誘導。
「最近、そいつナメくさってるから」とのことでガッツリと。外の脚を引き気味にして押して行くが、なかなかついてこない。ハミは強めに規制しているけど、嫌って頭を上げたりするので抑えるのが結構つらい。これは腕筋肉痛コースだなw
歩いたままの前肢旋回を3セットの後、速歩発進。出にくい右肩を前へ前へ出す。右肩が出るタイミングで手の中で拳を譲ってやるイメージ。隅角で内に寄って行こうとするのは脚と騎座で抑える。
一旦常歩にして前肢旋回を2セットやってから駈歩発進。発進はスムーズだけど、右に倒れてこようとする。しっかり隅角通らせ、ショートカットはゆるさない。
動くようになった所でキャバレッティ。2つ積んだキャバレッティを通過させる。気合いそのもの。踏み切りが合わなかったりするけど、歩幅が伸び、きちんと駈歩通過するのでいい事にする。
長鞭をばちばちやられてたので、ダンスくんは厳しさに面食らってたかもなw

2鞍目 シベール(初騎乗)
ソルティーの調子があんまり良くなさそうなのでシベールに変更。
跨ってみると、思ったより細い! そして足下が覚束ない。
常歩で歩かせてみると、まぁふらふらして頼りないこと。この辺は使っていくうちに脚元も強くなってきて、しっかりしていくのだろう。
しかし、道路側の偶角を通ろうとしたときに我が儘言い出して拒止して停止。
騎乗前、Cちゃん先生と「初見だし、ソフトに行きましょう」って行ってたのに、我が儘があんまりしつこいもんだから、シベールはがっつりと運動させることになった。

速歩にして、こちらもダンスくんと同様に右肩を出させるように、右肩が前に出るときに短鞭を使ってやる。姿勢がどうこうよりも、今は前に出やすくすることが重要。
速歩と軽速歩を使い分けながら馬場を延々と周回。そのうち、Cちゃん先生が横木を持ち出したので通過。これは臆することなく普通に通過。もう我が儘は言わなそうだ。基本速歩だけど駈歩になっちゃったら駈歩で、40cm程度のクロスバーまでこなした。

Home > Archives > 2013-04-20

Search
Feeds

Return to page top