Home > Horse Riding > 外方後肢の動かし方 (騎乗5/11)

外方後肢の動かし方 (騎乗5/11)

5/11(土)
1鞍目 エセレンシア
直前に乗られていたので、上がってきたところで鞍を載せ替え。
常歩で反対半巻きを繰り返し、1回毎に徐々に径を小さくしていく。外方後肢を逃がさず馬体の下へ。左後肢の方が入りが悪いので脚を強めに使う。1鞍使われていたこともあり、こいつなりに良い動きが作られてきた。
でも、駈歩発進がまだまだわかってないなー。内方の強い脚と外方の後肢の抑えでしっかりと。

2鞍目 ダンスくん
午前中のエセレンシアと同じように、外方後肢を体の下に入れさせるように動かしてみる。
後は外方ハミをしっかり抑えて、座骨と騎座の推進を強くする。
狙って反対駈歩発進や、歩数を数えて踏歩変換などもできた。
外方になる脚は、かなり大げさに後ろに引いて使ってやる。ただし、左右差があるのに留意。
すごい人たちの歩毎手前変換なんかを見ていると踵を上げて使ってるなと思うけど、確かに大きく引く方とそうでもない方がある。大きく引く方に目が行きがちだけど、レベルなりにみんな左右の違いに向き合っているということだ。

Home > Horse Riding > 外方後肢の動かし方 (騎乗5/11)

Search
Feeds

Return to page top