Home > Horse Riding > 最終調整 (騎乗1/31,2/01)

最終調整 (騎乗1/31,2/01)

1/31(金)
1鞍目 ダンスくん
4頭部班の先頭。まあ相変わらずの動きの重さだが、先週のようにとりあえず駈歩で動かすわけにもいかないので、常歩で肩内と、斜め斜線で横歩を使ってほぐす。ほぐれてる?
速歩にして周回、各個に巻き乗りでは後ろの人馬が突っ込んで来るのを避けながら。右手前では巻き乗りが潰れてしまいがち。長蹄跡を使って山形乗り、下るところで姿勢を変えずに保持する。後続のみんな、山形乗りを意外と知らないようだ。
一旦常歩にして、一騎ずつ駈歩。右手前も何とか捻り出し、長蹄跡で2度の踏步変換。左手前では苦手な右の反対駈歩発進して踏歩変換1回。良く出たな..。

2鞍目 セサミ
先週同様のコースを組んでもらい、まずO先生が先通し。各障碍を飛んだ後、通しで2周程。続いてCちゃん先生が2周程。Cちゃん先生には試合本番で先通ししてもらうので、自身の練習でもある。
調子は今までと同様変わらないらしい。
乗り替わって駈歩で軽く周回した後、斜め戦上の障碍、手前を替えてもう一方の斜め戦上、手前を替えて長蹄跡内側、もう一方の長蹄跡内側。
高くなってきたら左斜め前に飛越するのを気をつけないと。

2/01(土) セサミ
翌日の試合を考えて、午前中、一鞍だけにした。
やった事は前日と同じ。まずO先生が乗って、Cちゃん先生が乗って、自分が乗った。
乗り終わったらお昼なので、裏堀りだけして馬房へ帰して昼飼い。
食べ終わった頃を見計らって再度馬繋場へ出して蹄と肢を洗う。おかげさまで馬場が適度に乾いているため、泥でべたべたになっておらず洗うのが非常に楽。問題は馬体。ボロがコーティングされたかのような白く茶色い馬体..、まるで試合に出る馬ではないw

Home > Horse Riding > 最終調整 (騎乗1/31,2/01)

Search
Feeds

Return to page top