Home > 中央競馬 | Horse Race > 第67回朝日杯フューチュリティS 予想

第67回朝日杯フューチュリティS 予想

武豊Jの中央平地G1完全制覇がかかる、断然1番人気で臨む今回はどうか?

第67回朝日杯フューチュリティS 出馬表はこちら

昨年から阪神外回りコースに変わった。直線の短い中山からのコース替わりであり、過去の傾向はあまり役に立たないことだろう。
ちなみに昨年は、1着:18号族SS系、2着:3号族SS系、3着:2号族Deputy Minister系。

◎買い(8号族): コパノディール
◎買い(4号族): アドマイヤモラール、ボールライトニング、タイセイサミット、エアスピネル
×消し(16号族): リオンディーズ
○良(Roberto系): ウインオスカー
○良(Kingmambo系): エアスピネル、リオンディーズ
○良(Deputy Minister系): ツーエムレジェンド
△割引(Mr. Prospector系): コパノディール

2015ashfs

今年の2歳リーディングサイアーで先頭に立っているダイワメジャー。牝馬G1に続きここでも同産駒から狙ってみたい。本命にショウナンライズ。1ハロン延長がどうかだが、先週と馬場状況が変わらないようなら、内枠から先行して粘りこめる。
対抗にはハレルヤボーイ。前走の東スポ杯はスローペースを後ろから追い込んで2馬身差の5着でも、未勝利勝ちはマイル戦で圧勝している。マイナー種牡馬産駒としても頑張ってほしい。
単穴にアドマイヤモラール。前走の京王杯2着など、1勝でも4戦すべて3着以内と堅実。キンシャサノキセキ産駒でも姉が優駿牝馬2着だし、今の時期のマイルならこなせるのではないか。
後はダイワメジャー産駒で、前走の東スポ杯は不利あって2馬身差6着だったタイセイサミットと、阪神マイルで勝ち2戦2連対のウインオスカー。

◎2ショウナンライズ
○14ハレルヤボーイ
▲3アドマイヤモラール
△10タイセイサミット
△5ウインオスカー

3連単 計24点
(2,14) → (2,14,3,10,5) → (2,14,3,10,5)
馬連押さえ 計7点
(2,14) – (2,14,3,10,5)

Home > 中央競馬 | Horse Race > 第67回朝日杯フューチュリティS 予想

Search
Feeds

Return to page top