Home > Horse Riding

Horse Riding Archive

快活に (騎乗11/16)

11/16(土)
1鞍目 シベール
いつも通りの時間に行ったら今日は13時と16時の騎乗だった。午前中は、新しく買ったバックチャックの長靴に墨入れして過ごす。使う前にあと2回入れるかな。
久々の騎乗になったシベール、Cちゃん先生から「乗ったらびっくりするよ〜」と言われ楽しみに跨ってみると、なるほど、半年前よりだいぶ幅が出てきたね。それでもまだ馬体は薄く、鐙がいまいち落ち着かないので1穴短くしてみる。
馬場の緩いところは通さず、蹄跡にはこだわらずだいたい輪乗り状に周回。速歩は軽速歩にするがリズムがなかなか整わず、遅くなりがちな箇所では脚扶助を強めにして、肩ムチや舌鼓も合わせて使う。
駈歩発進すると、前に壁があって前肢がぶつかってそれ以上前に出ない感じは以前と変わらない。思わず笑ってしまった。
駈歩後の速歩はリズムが揃ってきて、そこそこ乗りやすくなった。

2鞍目 セサミ
20x24mの馬場。いつものように常歩で周回してから反対半巻の繰り返し。速歩発進する。いつものことなんだけど、動かし始めて最初の速歩が動きがたるい。もう少し快活に動いてもらえないもんかな。
でも駈歩にすると動きは急に良くなり、歩度の詰め伸ばしも自由に効く。しばらく駈歩で輪乗りして、途中何度か手前を替え。
今日も長蹄跡にビールケースで小さめの障碍を作ってもらった。これぐらいの高さなら無難に通過するわ。

今日の2頭、どちらも動き始めな比べて、運動してからかなり動きがよくなった。最初から動いてもらえるともっと嬉しいんだけどなw

意外な障碍練習 (騎乗11/09)

11/09(土)
1鞍目 ダンスくん
直前に乗っていたMさんからダンスくんを引き取って、鞍を取り替えて馬場へ。今日はCちゃん先生の指導。
常歩でも、速歩でも、動きが重ったるい。そこでまず駈歩にしてみる。そしてCちゃん先生「ちょっとやってみましょっかっ!」小さいけど障碍を組み始めたので鐙を短くした。
ツーポイントにするとダンスくん、途端に動きが出てきたぞ、なんだコイツはw もっとも、ツーポイントの推進でいつもより動きやすかったと思われたり、鐙が短い分普段は使われない位置で拍車を使われたり、動きが良くなるのは想像の上。しかし顕著だな。
まず左手前でビールケースの上に置いた障害を飛越。意外としっかり踏み切って飛越しているぞ。これで前後肢ともに良く動くようになればよし。
左手前で7-8回通過した後、右手前へ。いやこれがまた..動きが固いこと、左と全く違うわw それでも何とかして右でも通過させるが、あんまりいい歩度にはならない。右肩が出にくくて右前肢が伸びにくいから、速攻良くなるってわけはないな。

2鞍目 セサミ
今度はちゃんとした障碍馬。
とある馬具店から試乗用の障碍鞍を預かっているそうで、今日はその試乗鞍を装着して騎乗。Passierの鞍。

跨ってみると、前も後ろもニーブロックが小さく、膝から下が自由に動かせる。故に下手すると安定しない。
膝でしっかり挟んでおかないとバランスを取るのが難しい。と言ってももちろん抱え込んではダメ。
馬は、マーカス・アーニングの鞍と比較して、近くに感じられる。
マーカスのように鐙を長めにして、少し馬場的に使おうなんて全くダメ。むしろ、普通の障碍鐙よりもなお短めにセットしたほうが乗りやすい。
すなわち、障害を始めた馬の練習用途ではなく、ほんとに高いレベルの試合に使うのに適した障碍鞍という事なのだろう。

短蹄跡の真ん中にビールケースで小さな障碍を設置され、それを飛越。セサミはいつもと変わりない。脚近辺で馬が近く感じられる分か、脚での誘導が効きやすい気がする。輪乗り上での軽い飛越を左右で7-8回ずつ。高さを少し上げて数回ずつ。

飛越時に自分が姿勢を崩したら、マーカス鞍のように助けてくれないので、特に飛越後の姿勢の戻しを素早く適切に行う事が必須。万人に使いやすい鞍とは思わないが、こういう障碍鞍もありだと思う。
乗り降りも騎乗中も、傷を付けないように気を遣った。数日経っても座骨が痛いのは新しい鞍ならではなんだろうなぁ。

バウンス3本 (騎乗11/02-03)

11/02(土) エセレンシア
直前にMさんが乗っていたので、上がったところで鞍を自分のものに付け直して馬場へ。
運動はしてあるけど、まずは横運動など多めにしよう。丸太みたいなエセレンシアは、横運動とか小さい巻乗りをすると、後肢で踏ん張るのが苦手で、すぐに上げた脚を着きたがる。特に左後ろの踏ん張りがない。
前肢旋回、顔を馬場の外に向けた時に近くの草に食い付くなっつのw
速歩でも後肢を内に入れず、外にかっぱぐようにするので、その時は脚を強く使って内側へ指示。また、前に乗りかかりがちにならぬよう、肩から持ち上げるような速歩。
そのおかげか、少しは駈歩の動きもそこそこしっかりしてたかな。

11/03(日) セサミ
朝から東京競馬場へ行き、昼休みに行われるジョッキーベイビーズを応援。前日知り合った方々のお子さん達は残念ながら勝てなかったけど、みんなカッコよく騎乗していた。
おれも綺麗にカッコよく乗ろう。
で、倶楽部へ移動して15時からのお相手はセサミ。馬場半分だから大きな障碍は組む事はない。
頭を捻らせないように注意しながら常歩で周回し、半巻を何セットか繰り返す。速歩発進、ちょっととろめだけどリズムは良い。右手前の巻乗りで外に膨らみ過ぎないように脚で後肢を、拳と手綱で肩をブロック。
駈歩にしたら歩度がしっかり伸びてきた。今日は24mの長蹄跡で3本バウンス、前後の距離が多くないので突っ込んだり誘導遅れに注意。
しかしそこはセサミ、ここのところCちゃん先生が毎日のようにバウンス5本をやっているので、全く危なげない。後肢で何度か当ててしまったのがあったぐらいだった。

お昼に一人乗り (騎乗10/27)

10/27(日) チェリーちゃん
前日の台風2個による大雨のため、翌日曜に変更。普段土曜に乗る会員さんたちがこぞって変えたらしくて、昼一鞍だけの騎乗となった。みんな好きねw

さて、チェリーちゃん。今日はお昼休みに一人乗り。早めの昼飼いを終わらせたチェリーちゃんを連れ出して馬装、騎乗。朝にHHさんが乗っているのを見たら、とてもいい感じだったので期待してるよ。
常歩で反対半巻の繰り返し、まだまだ下手な前肢旋回。今日は常歩中にピョコッと動く事が多い。まあそれは速歩にすれば解消するのだが。
速歩の動きは良いけど若干リズムが早めなので抑え気味に。蹄跡行進と輪乗りを使って内方姿勢を作る。
その後、チェリーちゃんが苦手な右手前の駈歩発進もしっかり一歩で出せてたし、今日はまずまず良かったのではないかと。

ふわっと駈歩 (騎乗10/19)

10/19(土)
先週、セサミでバランス崩して右胸を強打して以来痛いままなのだが、無視して乗る事にする。

1鞍目 ダンスくん
最初は自分で自由にフラットワーク。常歩で何周かしてから半巻を繰り返し徐々に径を小さくしていく。前肢旋回を4セットやって、斜めのラインで横歩2セット。左への動きは真直性が出てきて大分上手くなってきたな。
ここでAさんwithエセレンシアと合流して2頭部班になり速歩。しかし、ダンスくんは速歩がちんたらしてるねえ。長鞭の先を尻の上に当てたり、リズムに合わせて軽く叩いたり。でも躓いた時はぶん殴ってやったw 速歩で肩内や腰内など。
馬場を広く使って駈歩、長蹄跡上で踏歩変換。内側の外方脚は大袈裟に引かないと上手くいかん。続いては、反対手前発進して、長蹄跡上で踏歩変換2回。これはすごく忙しい。2回目が輪乗り状になった。
やはりダンスくんは、駈歩してからでないと体がうまくほぐれていかないようだ。

2鞍目 ソルティー
今度は20m四方で一人騎乗。1鞍目と同じく、最初は自分で自由にフラットワーク。常歩で反対半巻、前肢旋回。蹄跡から馬場内に入って後肢旋回。外方で押して、内方脚は誘ってやる感じ。
自分の座骨の悪いクセとして、使った後に元の位置に戻してしまうこと。元の位置に戻すのもアリだが、そのまま使い続けられるようにすることも必要。
速歩を開始して、まずは吸い上げるように詰めた軽速歩で周回。なんか調子いい。
詰めた駈歩発進。左手前後肢がしっかり踏み込んだふわっとした駈歩発進して、そのまま一周。手綱がとても楽になり、手元に馬がある感覚。今日はこの駈歩で十分だ^^

騎乗10/13-14

10/13(日)
1鞍目 チェリーちゃん
Cちゃん先生指導で一人乗り。動き始めはのったりしやすいのだが、今日は割と良く動いている。
常歩のまま腰内と肩内。チェリーちゃんには難しいトライだ。速歩にして輪乗り、内方姿勢をしっかり取らせる。右手前が姿勢を作りにくいので、少々強めに扶助。
長蹄跡真ん中に横木を持ち出してきて、速歩で横木通過。1本、2本、3本と増やしていっても、遠くを見たまま同じリズムで通過させる。意外としっかり脚を上げて綺麗に通過。これは上々。
再度常歩にして、馬場の中を仕切っている虎棒を利用して前肢旋回。一瞬停止して右脚で後肢を外に振らせるが、こっちの手前はひどく下手。もっとも、左だってあまり後退しないぐらいで、そう上手いわけではない。
駈歩は特に右手前の発進と、隅角で内にササるのに気をつける。あとはリズムが速くなり過ぎないように。

2鞍目 セサミ
障碍練習。まずバウンスで、ワンツースリー。左へ寄ってしまうなぁ。
続いて長蹄跡の一歩内側中央に作った障碍と、その手前3完歩の位置に低い障碍。この低い障碍までは短蹄跡から2完歩強、なので回転しながらのアプローチだ。
1回目、低いのを飛越して、次の障碍へのタイミングがわからず、バランスを崩して飛越。右胸を右手で持っていた短鞭で強打した….
その後もなんだか今一バランスが悪く、Cちゃん先生にも脚がかなりブレていたことを指摘された。
セサミはちょっと左へヨレるもののちゃんと跳んでるんでね、悪いのは自分だ。

10/14(月)
2日続けてチェリーちゃんに騎乗。最初の常歩から何だかピコピコ動いてて、もしかして張ってるの、昨日も運動してるのに!?
それだけに動きは良く、常歩はそこそこに速歩。輪乗りで巻乗りや手前を替えながら延々と、内方姿勢を強く意識して作ってあげる。特に右手前は結構強めに指示。
しばらく速歩で回った後、一旦常歩。蹄跡行進で隅角を過ぎて腰内。右手前で左に入れるのはちょっと大変で、爪半分だったり爪一歩分だったり。一歩分が3回続けられたらまっすぐへ。左手前でも同様に。こちらは入れやすいので、顔を外に向けさせないようある程度の内方姿勢を作りながら。
また輪乗りにして常歩から駈歩発進を何度か。

各個乗り@ララミー (騎乗10/10)

10/10(木) ジョイスちゃん
なんと!81歳の我が師匠I先生が全乗振2級を取るそうで、練習のお供兼復路ドライバーとして、小淵沢のララミー牧場へ。春にホクトで人馬転して以来だ。
中央道は談合坂あたりまでは平日の割に意外と車が多い印象だったが、徐々に空いてきて早めに到着した。
近所でお昼を食べて13時半から騎乗。
お相手は牝馬のジョイスちゃん、4月の運動会の時にジムカーナで乗せてもらった仔だ。
跨ると軽い扶助でしっかり常歩。そのまま半巻、巻乗り、肩内で準備運動するのは日の出で乗る時と同じく。乾いた砂の上に足跡で図形が描かれる。
暫くして速歩、これも脚の軽い扶助で発進。同じ馬場の中にI先生も一緒にいたので、この辺からなんとなく馬場半分ずつに別れて運動するようになった。軽速歩のリズムが良く、正反撞でも乗りやすい。
駈歩発進も実にスムーズ。20m輪乗りから巻乗り、輪乗りの手前を替えさせてみると、さらっとバランスで踏歩変換。いや〜、乗りやすい仔だった。

(騎乗8/31)

8/31(土)
1鞍目 ダンスくん
自分としては珍しく部班になった。エセレンシアに乗るAさんが「久しぶりに一緒だけど着いていけるかな〜」と言っていたが、ダンスくんにエセなら大丈夫っしょ。
いつも通り各個に常歩で半巻、巻乗り、肩内など。その間AさんはN子先生から、準備運動の常歩とか座骨扶助の重要性とかを説かれていたようだ。
速歩で頭を下げさせようとするが、いつも通りまあ下がり切らん。いろんな人が乗るし、こいつはこの辺が限界なんだろうな。駈歩で逆手前発進して、踏歩変換を二度トライ。
騎乗後の手入れで、首の付け根のたてがみの生え際を、プラスチックブラシでごしごししてやると、首を捻って口を開いたままフガフガ。かゆくて気持ちよかったのねw

2鞍目 チェリーちゃん
馬房から出してみると、毛艶はいいわ、たてがみはサラサラだわ。半自馬にしたSさんが丁寧に手入れしてくれているようだ。良かったねぇチェリーちゃん。
馬場を大きく使って一人乗り。しかも、結果的に指導がなくなったw なぜなら、N子先生が隣の馬場で青空くんに乗っている相方をターゲットにしてしまったためだ。
しばらくぶりのチェリーちゃんだが、以前よりもかなり左右が揃ってきた。速歩でハミ受けを求めつつ、隅角では内方姿勢を強めに。右手前で内に倒れて来ないように右脚で支えてやる。輪乗りにして、両手前で閉じ開きを2回ずつ。
駈歩は苦手な右手前からトライ。1歩で即座にとはいかないものの、大分理解しつつあるよう。以前のように数歩速歩することはなく、良くなってきた。以前なら内に切れ込んできていた20m長蹄跡で直線走行でも、真っ直ぐ進められる。両手前で、発進を重点的に、暫く駈歩運動して終了。
騎乗後、馬房にいる馬たちが夕飼いを食べている中での手入れで、自分も欲しがってブフブフうるさかった。全く、かわいい顔して女子力低いなぁw

激落馬!! (騎乗9/14)

9/14(土)
1鞍目 チェリーちゃん
チェリーちゃんはまだまだ乗馬経験が少ないため、あまり難しいことはせず、淡々とリズムを作って乗ることが多い。
この日も割とそんな感じ。でも少しずつ腰内などで横運動もふやしつつある。後躯に疲れが見えるけど、ここを乗り越えていかないとね。
苦手だった右手前駈歩もまずまず無難な発進。

2鞍目 セサミ
障碍練習。フラットワーク後、高めのクロスバーから。やや踏み切り位置がアバウトかも。
垂直障碍で低いうちはいいが、右手前のトライで90cm程度の時に2度程、左に逃げられた。左にヨレるクセがあるので、左のブロックを強くしてクリア。
左手前でアタックしていき、100cm程度のトライで急激に障碍前停止! セサミは普通に向かっていったのに、直前で急ブレーキして踏ん張ってしまった模様。自分は耐え切れず障碍物をぶっ壊し、バーの上に落下。左の臀部と太股を強打した。痛かった..。
すぐに乗り直し、10cm低くして何回か飛越して終了。

翌日、臀部には直径10cmの大きな青アザ。2週間経った今は変色して打った後が赤く残っている。

無理はせず、適度に (騎乗8/24)

8/24(土)
1鞍目 ソルティー
馬房から馬繋場に出してみると、右後肢にたくさんの傷痕が..。腫れもある。Cちゃん先生に聞いてみると、どうやら馬房でひっかけてしまったようだが、跛行はしてないらしい。後肢に肢巻をしっかり巻いてやる。今日はそんなに無理せずやろう。
馬場に出して跨ってみるが、確かに跛行している感じはなく、普通に小気味よいリズムの常歩をしている。見てもらうハズのN子先生が初心者さんから目を離せなくなってしまったため、一人で勝手に常歩運動しておく。いつも通り半巻きの繰り返しを10数分やってから、軽めに肩内。中央線に入れて、後退の扶助を試している頃にN子先生が戻ってきた。
何度か後退扶助をやってから速歩発進。手前による違いは感じられないものの、負担を考えて軽速歩を長め。速歩で大きめの半巻から斜め線でハーフパスっぽい動きへ。
最後に輪乗りで駈歩。今日は右手前の反対駈歩が出しにくかった。

2鞍目 セサミ
馬場の両長蹄跡の内側に障碍を作ってもらって障碍練習。常歩、速歩で動きを作って駈歩へ。軽い座骨の扶助だけでさらっと駈歩発進できてる。
まず、クロスバー数回。真ん中を通過させるよう誘導。どちら手前でも左にヨレやすいので注意。続いて垂直障碍にすると一層ヨレやすくなるのでもっと注意。
ゆったり目のスピードで周回していたら、O先生から「それが目一杯の歩度じゃないよね?」と聞かれたので、即座に伸ばして見せる。
障碍へは適度な歩度に戻してトライ。左手前でも、踏み切り位置がしっかりあっていれば着地の手前も正しくなるのだから、今後はもっと踏み切りにこだわって行こう。
今日は、前日に背中を傷めつけられた素振りもなく、とても素直に反応していい跳びを見せてくれた。

ホーム > Horse Riding

Search
Feeds

Return to page top